略 歴
 
1960年横浜に生まれる
1988年3月東京大学大学院社会学研究科博士課程修了、91年3月同研究科より博士学位取得(社会学博士)
1990年12月三菱化成(現「化学」)生命科学研究所入所
2000年6月〜02年3月熊本大学発生医学研究センター客員教授(兼務)
2002年4月〜04年3月三菱化学生命研社会生命科学研究室長
2004年4月〜07年3月科学技術文明研究所主任研究員
2007年4月〜三菱化学生命研協力研究員(職域開発専念プログラム対象者)
2006年12月〜自治医科大学客員研究員
2007年11月〜東京財団研究員(非常勤)
 
専 門:生命科学・医学の研究と臨床応用を中心にした、科学政策論
 
単 著:
『脳死・臓器移植と日本社会』(弘文堂、1991)
『先端医療のルール』(講談社現代新書、2001:NIRA大来政策研究賞受賞)



表紙ページへ
メンバー個人のページへ
ぬで島次郎 個人ページのトップへ